不動産売却の流れ

1.希望されている地域の物件相場や、特徴などの情報を集め購入可能な価格を検討する。

その際の注意点として、中古住宅購入に伴う諸費用は、6~8%が一般的です。
目安となりますが、概ね「物件価格+諸費用(6%~8%)」で、 購入可能価格(92%~94%)となります。

2.現地を見学する。

間取りや設備等の希望条件やメーカー等、気になる物件を中心に複数見学して比較してみます。
分からないこと等ありましたら、遠慮なく不動産会社に質問して下さい。

3.購入したい不動産の目安が決まったらいよいよ物件見学です。

チラシやホームページでは分からない情報を、実際に現地でご自分の目で確かめていきます。

4.購入物件が決まったら、購入申込みを行い売買契約となります。

この時に、「重要事項説明」を不動産会社から受けますので、十分に内容を理解して売買契約に臨みます。

5.銀行ローンの場合には、自己資金や収入などからしっかりとした資金計画・返済計画を立てましょう。

住宅ローン申込み・ローン契約・住宅ローンでは、「公的ローン(国庫融資)」「民間ローン」「フラット35(国庫証券化ローン)」等あります。

6.不動産会社から重要事項説明を受けた後、売買契約が交わされます。

重要事項説明をその場で理解する必要があります。

7.残代金決済と引渡し

頭金の残額(頭金-手付金)と購入諸費用の振込み→入金確認後、同時に所有権移転の手続きをして鍵が渡され引渡し完了です。

8.不動産売買時の売主様から買主様への所有権移転登記

(新築物件を購入した場合は「所有権保存登記」)や、住宅ローンの借入れの際の抵当権設定登記に課せられる税金です。


大きく分けると、不動産の売却方法は2種類あり、「仲介」と「買取り」に、分けられます。
売却方法は、全く異なります。

☆仲介とは、不動産屋が購入者を探します。

仲介 買取り
不動産 購入者を探す 購入者
購入者 購入者を探す 不動産会社
仲介手数料 必要 不要
宣伝費 必要 不要
売却まで